<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「あらためて憲法を考える集い」に130人が参加

  毎日新聞連載「憲法をよむ」担当記者が語る「あらためて憲法を考える集い」に130人

7月27日午後、憲法を生かす会・西神戸連絡会主催で、恒例の憲法集会が須磨区役所多目的ホールで開かれ、今年も多くの人が集まりました。
今回は、毎日新聞大阪本社社会部記者の遠藤孝康さんを招いての講演会でした。昨年11月から始まった毎日新聞の連載「憲法をよむ」(全50回)では、いま憲法を取り巻く状況が大きく変わろうとしているが、そもそも憲法の各条文にはどんな意味があるのか、また、自民党はそれをどう変えようとしているのか、がわかりやすく解説されていました。遠藤さんはその連載を担当された若手記者です。
講演では、まず、実は連載まで9条以外の日本国憲法はあまり知らなかったが、憲法を学ぶ中で、各条文には過去の戦争に対する強い反省が込められていると感じた、と言われました。また、「基本的人権の尊重」が最も重要な原則として貫かれているということを、すべての章で例をあげ、ていねいに解説されました。対して、自民党草案ではそのもっとも重要な原則が、言葉遣いで巧みに変えられ、まるごと削除されているということが指摘されました。
そして、もし憲法を変えるということになるのなら、国民の権利に制限をかけて国家の権力を増大させる自民党草案よりも、自分ならもういちど現行憲法を選びなおしたい、と率直な思いを語られました。
また、質疑応答のやり取りで、「過去に戦争に加担した歴史を繰り返さないために、毎日新聞では秘密保護法の連載などを続けているが、読者の方に響いていないのは、まだメディアとしての役割を果たせていないことだと感じている。いま、国の形が大きく変えられようとしているなか、もういちど皆さんに憲法の理解を深めてもらえるようがんばっていきたい。今日の講演もこのきっかけになれば」と締められ、会場から大きな拍手がわきました。(O)
f0312552_1061458.jpg

f0312552_1062753.jpg

[PR]
by kenpou28 | 2014-07-29 10:07

今週末、西脇と丹波で「標的の村」上映

今週末の8月1日(金)と2日(土)、「標的の村」が上映されます。ゲストは、「標的の村」監督の三上智恵さん。一度ご覧になったという方も、まだ観ていないという方も、是非いずれかの会場に足を運んで下さい。
f0312552_955511.jpg

[PR]
by kenpou28 | 2014-07-28 09:56

京丹後・米軍Xバンドレーダー基地に反対する兵庫集会

京丹後・米軍Xバンドレーダー基地に反対する兵庫集会
~基地建設を憂う宇川有志の会・永井友昭さんを迎えて~

●とき/9月13日(土)午後1時半~
●ところ/あすてっぷKOBE(セミナー室)
●報告/永井友昭さん(基地建設を憂う宇川有志の会・事務局長)
●参加費/800円
f0312552_10271033.jpg

[PR]
by kenpou28 | 2014-07-25 10:28

宇都宮健児さん講演会に400人

f0312552_10583934.jpg

f0312552_1058571.jpg

昨日(13日)午後、西宮市内で宇都宮健児さん講演会が行われました。心配した雨も開会までに上がり、会場いっぱいの400人が参加しました。以下は、小林るみ子さんのレポートです。ブログ「たんぽぽ倶楽部net」からの引用です。

「憲法を生かす阪神連絡会」主催の講演会に参加しました。講師は、あの年越し派遣村名誉村長で、先の東京都知事選挙で選挙戦を闘った宇都宮健児弁護士です。テーマは、「押し寄せる貧困と戦争への道」でした。
原発の再稼働・輸出、社会保障制度の改悪、雇用破壊からTPPへの参加まで、多くの面での安倍政権の暴走について、またそれをストップさせ憲法改悪を許さないために私たちに何ができるか等々を、延々2時間超、立ったままの姿勢で話していただけました。本当にお元気です!
私たちは、今ほどに「平和憲法」について考えるようになったことはなく、これもまた暴走し続ける安倍首相のおかげかもしれないと、そうかもしれませんね。太田元沖縄県知事が、本土復帰で「平和憲法」のある日本の国に復帰したのだと話しておられたことを思い出しました。また、今回の東京オリンピック招致も表にこそ出されてはきませんでしたが、「平和憲法」がある国はテロの対象にはならないということも理由なのではないかと報道されていました。それに、もし抑止力というものがあるとすれば、それは、軍隊や集団的自衛権ではなく「平和憲法」そのものが本来の抑止力になるのだと、改めて「憲法」の持つ素晴らしさを考えました。

憲法改悪のピンチは、憲法の理念を定着させるチャンス

昨年末の「特定秘密保護法」成立から「集団的自衛権」行使容認への一連の流れの先にある憲法改悪の動きは、私たちにとってピンチではあるけれども、同時に、立憲主義の理念や基本的人権の尊重の原理等々を日本社会に定着させるチャンスになるとおっしゃっておられました。最後に、「私たち一人ひとりは微力ではあっても、決して無力ではない。一人ひとりがつながれば大きな力になる」、小さく小さくならず、しなやかに柔軟に工夫をしながらつながる運動を進めていこうと提起されました。元気をもらえて帰途に着きました。電車の中から見える山々はどんよりとした曇り空の下での風景。梅雨明けが待ち遠しいです。(小林るみ子さん、「たんぽぽ倶楽部net」より)
[PR]
by kenpou28 | 2014-07-14 10:59

神戸でも集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議して街頭宣伝

7月2日午後6時から神戸・三宮マルイ前で、集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議する街頭宣伝が行われました。100人を超える人たちが、道行く市民にチラシを配りながら、憲法違反の閣議決定に強く抗議しました。
f0312552_1254157.jpg

f0312552_12541240.jpg

[PR]
by kenpou28 | 2014-07-03 12:45

6.30 「集団的自衛権反対!」首相官邸前抗議行動の10分ダイジェスト動画


[PR]
by kenpou28 | 2014-07-01 14:40