沖縄・高江訪問記

やんばるの豊かな森 響かすなオスプレイの騒音~行ってきました 沖縄・高江に
                   (憲法を生かす会・灘ニュース第123号より転載)

 なぜ沖縄の高江に?
4月4日~6日の第6回沖縄訪問団に参加しました。
昨年から、この国は一体どうなっていくのかという危機感や不安感ばかりが募っていました。そんな時、「標的の村」の上映会をしようという呼びかけがあり、何か見つけられるかもしれないと実行委員会に参加しました。
上映会は、予想以上の反応で、4回の上映に500人近くが参加しました。強烈な主張を感じさせる映画です。私自身も心揺さぶられ、ぜひ沖縄・東村の高江をこの目で見てみたい、高江の人たちに会いたいという思いで沖縄ツアーに。

 最初に辺野古へ
まず辺野古へ行きました。辺野古の海はどこまでも青く静か。すぐ隣に米軍基地があることを忘れてしまいそうです。
座り込みテント村で安次富浩さんから、「辺野古の海には藻場が広がり、ジュゴンやウミガメ、クマノミなど多くの貴重な生物が生息している。」「そこを埋め立てて作られようとしている基地は、日本の自衛隊も使用可能な巨大軍港を含む総合的基地の新設で、普天間基地の移転ではない。」などのお話。座り込みテントの前には「闘争開始より8年(2639日)、座り込み(3638日)」と書かれた看板、18年間におよぶ粘り強い闘いです。安次富さんは「私たちは屈しない。闘いはこれからです」と話しました。

 いよいよ高江に
次の日は高江に。映画の出演者でもあった山城博治さんから「ヘリパッド反対の取り組み」の概要を聞き、高江の村を車で案内してもらいました。緑豊かなやんばるの森が広がっていました。ヤンバルクイナやノグチゲラなど貴重な生物が生息する沖縄本島に残された唯一の大森林だそうです。3月~6月はヤンバルクイナの繁殖期のため工事は一時休止なのだとか、私たちがいる時はオスプレイも飛来せず、映画で見たような激しい闘いがあったと思えないくらい静かにのどかに時が流れていました。しかし車の左手は行っても行っても米軍基地のフェンスでした。この豊かな森の中に「人殺しの訓練場」が隣り合わせで存在している沖縄の現実を感じました。

 映画の、あのカフェやまがめ
映画に出てくる「カフェやまがめ」に着きました。映画に出てくるあの「奥さん」がにこやかに迎えてくださいました。映画より若々しい感じ。しばしののどかな時間だからでしょうか?豊かな森に囲まれ、美しい小川が流れ、野鳥のさえずりが聞こえる映画に出てくる通りの素敵なカフェでした。カレー定食をいただきました。ご飯もカレーも味わい深く、添えてある野菜も新鮮。そして香ばしい生地のピザもシークヮーサージュースも、その上ケーキまで食べました。食べ物からもやんばるの森の豊かな自然を感じました。ここにオスプレイの爆音が響き渡るのかと思うとたまらないです。上映会の収益金を渡してカフェやまがめを後にしました。

 沖縄の人たちと私たち
「標的の村」上映会では「大変なことになってきた。何か自分に出来る事はないか」と思っている多くの人たちに出会いました。沖縄ツアーでは、闘いが暮らしの中に溶け込んでいるかのように自然体で闘い続ける人たちに出会いました。この人たちと私はどうつながっていくのかを考えたいと思いました。(「標的の村」上映する会・T)
[PR]
by kenpou28 | 2014-04-24 11:14
<< 5.3兵庫憲法集会終わる 5.3兵庫憲法集会 >>